スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラールの検査結果

ラールの検査結果も良くなかったので
現実逃避していたのですが
簡単にまとめておきたいと思います。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

2014年2月2日(日)

ラールは朝食抜き&朝イチおしっこを持って
病院に行って来ました!!

02-01_20140204102139943.jpg 
         ルシエは今日も付き添いです(^_^;)

シエルと同様に2012年の健康診断で
リパーゼ値(膵臓)の異常がみつかり、定期的に検査を受けています。

当初400だったLIP(リパーゼ値)、その間に
処方食i/d やロイヤルカナンの処方食も試しましたが、
シエルと同様に数値改善されず(/_;)
<肝臓値の値の時もそうでしたが、うちの男の仔はどうやら処方食に含まれている
  鶏肉が体質に合わないみたいです>

02-02_2014020410214081b.jpg 

元のフード+ビオイムバスターで数値が40まで下がり
鶏肉&乳製品を与えないようにして
半手作り食(主にトッピングとして馬肉・ラム肉・キャベツ等)を試みたのですが、
2013年の健康診断で今度は240と言う結果に‥(>_<)

低脂肪食に切り替えてください‥との指摘を受け
脂肪分8% → 6%の魚に徐々にシフトしていこうと考え試しましたが
結果は364とこれまた悪い結果に‥(>_<)

初心に戻って、元のフードのみ+ビオイムバスターで様子をみると
51(基準値~160以下)に見事に治まりました。

元のフードが体に合っているとすると
ビオイムバスターを止めて様子をみるのも手かなぁ~って思ったのですが
結果は165とまた基準値より若干高い数値になってしまいました。(>_<)

この時点で、ラールの場合は脂肪分の数値より
魚の脂肪分に影響しているのでは?って思い

元のフード(クプレラのラム肉)にも若干魚も入っているので、
ビオイムバスターが無いと脂肪分解できないんだと言う事に気付き

昨年末からオーガニック(牛肉&ラム)に徐々にシフトしていこうと考え
ビオイムバスターの力を借りながら試した結果

02-03_20140204102142cca.jpg 

589と最悪の結果にしてしまいました。

※ リパーゼの数値は主な時期の物だけ書いています。

また、尿検査もシュウ酸結晶が出ていたラールでしたが
つゆ水だくフード(1日3回)にし、治まっていましたが
フードを変更した事で、
今度はストルバイト結晶が出る結果となってしまいました。

ラール、アホなママで許しておくれ~~

元のフードに含まれる魚の脂肪分を気にして
オーガニックの牛肉&ラム肉に変更したのですが
ビオイムバスターの力を借りても
ラールにとって、この脂肪分を消化するのは
苦手なフードだったみたいです
<その他に含まれる成分も関係あるのかも知れませんが‥>

今回の結果は、原因が分かっているので
元のフード(ラム肉・若干魚が入っている)に戻し、+ ビオイムバスターで
様子をみて、1ヵ月後再検査する事に‥

エコー検査の結果、
ラールも腎臓の位置がシエルと一緒で
探し辛い位置にあり、腸が長いみたいです。

また、レントゲン結果ではシエルと一緒で
肝臓が小さい事は、過去の検査で分かっています。

長々と読んで頂き、ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。