スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まさかの「5」と「5.5」

先週、あり得ないぐらいpH値がアルカリに偏っていた
宇宙シエル

1週間、pHコントロールライトの処方食で様子をみていたのですが
宇宙がご褒美(おやつ)として、この処方食を拒否するようになってしまったのと
シエルのリパーゼ値の事も心配になり、本日また再検査に行って来ました!

10月末に3~4時間おしっこを溜めた状態で
お腹の超音波検査して貰う予定でしたが

本日、4時間ぐらいおしっこを溜めた状態で
診て貰う事に‥

12-01_201310122119190c2.jpg 

まずはエコー検査の結果は特に異常なし。

容器をお借りして、その場でワンツーをさせ
尿検査へ‥

この1週間、宇宙シエルもおしっこの色やニオイが
和らいでいたので、かなり良い結果を期待をしていたのですが

二人揃ってまさかの 
宇宙pH「5」・シエルpH「5.5」 

なっなんでぇ~~~!!

「9」アルカリ性→「5」酸性に今度は傾いてしまいました

ただ、今回は結晶が出ていなかったので
今後、定期的な検査で経過を観察していきましょう‥って事に。

12-02_20131012211920f57.jpg 
  先生にこのカラー手作りですか?って聞かれました(^^ゞ

シエルは咲いたちゃんを着けて採血するようになってから、
動かなくなったからか?今までと違い血はすぐ止まりました。

このまま処方食を与えていても良いそうですが
 (pHコントロール処方食はアルカリ性にも酸性にも
      効果がある処方食だそうです。)

パパと相談して、元のフード(消化器サポート缶詰は止めて)
クプレラの魚<シエル>・ラム肉<宇宙>で様子をみてみようと
結論を出し、その前にシエルのリパーゼ値も測っておくことに‥

前回「202」→「224」 
基準値「~160」で若干高め。

念の為、肝臓関係の数値も測って貰いましたが
こちらは正常範囲内でした。

この数値は処方食1週間の結果なので
どう考えるかは、なかなか難しいところですが
膵臓に大きな負担が掛かっていると言う事は無さそうなので、
もし次の検査で、尿pH値がアルカリ性に偏ってしまった場合は、
再度、この処方食に戻し、また、長く与え続ける事も可能
(アレルギー等他の心配は有りますが‥)だと結論付けました。

引き続きママの頭は混乱中で
気が動転しております

※ なのでコメント欄はしばらく閉じさせて頂きます


スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。