スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シエル病院へ

病院ネタばかりで申し訳ないですが‥(^^ゞ

2013年9月15日(日)

次の日、シエルの再検査をして貰う為に
再び病院へ‥

15-01_201309181940377ef.jpg 

この方 ↑ 家で大・小済ませても
必ず外に出ると大・小したがります(;一_一)

15-02_20130918194038f35.jpg 

前回のリパーゼ値、処方食と低脂肪フード、消化酵素のお薬で
少し希望の光が見えたシエルだったので
期待して、再検査に挑んだのですが

結果は 162 → 202 (基準値160以下)で 

その他の項目は今回も異常なし。
総コレステロール、中性脂肪もまったく正常範囲内、
むしろ低い水準での正常範囲内で治まっています。

15-03_2013091819404463f.jpg 

受付にそ~っとカメラを向けると
わさび君は今日も咲いたちゃんを着けて
気持ち良さそうにイスの上で寝ておりました(爆)

15-04_201309181940454b6.jpg 
    シャッター音で目が覚めたみたいっ ごめんね(^^ゞ

スタッフさん: 「昨日からず~っと着けていますよ!」だって
 

わさび君、かなり咲いたちゃんを気に入ってくれたみたいでした

それに比べ、シエルは‥(;一_一)

15-05_201309181940480b3.jpg 
    我が家は採血時にも咲いたちゃんを着けています

パパに指にチョンチョンされても
カメラに振り向く気が無く

15-06_20130918194113eb1.jpg 

ママが手に持っているタッパ(フード)の音に反応する
我が家のモデル犬でした~~(笑)


先生: 「慢性膵炎の治療に関しては、引き続き低脂肪食を心掛け
       定期的に検査をして、様子をみていくのが一般的です」 
との事。

※ ステロイド投与に関してのメリット・デメリットも
  じっくり教えてくださいましたが、ママの頭には殆ど入ってませ~ん(^_^;)

低脂肪食を与え続けていても
ある日突然、また急性膵炎になる事があるので
その時の対処法も詳しく教えてくださいました。

どうか、このまま低飛行で値が推移してくれますよう‥

シエルに関しては、やれる事は全部やっているので
これからは毎月検査をしなくても良いそうです。
なので、2~3ヶ月に1度の割合で、診て頂こうと思っています。


追記(覚書): 今のシエルの現状では、膵特異的リパーゼ値を測っても
         恐らく微妙な検査結果になると思うので
         今後の病院での定期的な検査で
         またかなり数値が上下するような場合に
         外注検査に出しましょぅ‥って事になりました。

 ※ ここの病院の測定機器もかなり感度が高いそうです。
スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

コメント

No title

シエルちゃん心配ですね。
やっぱり数値が高いと気になりますよね…。
こんなに食に気をつけているのにって気持ち分かります。

しかしルシエちゃんもシエルちゃんもお利口さんですねえ。
可愛い咲いたちゃんが似合ってますよ~。
ワンコってこの世の終わりみたいな悲鳴をあげることがありますよね。
でも飼い主が思うほど辛いようではないというか…(;^_^A
ルークは手を触れる前に悲鳴をあげて威嚇します。
どうやら「痛みの記憶」で「触らないで」と言ってるそうです^^;

あ、自分の話になってしまいましたが…
シエルちゃん早く良くなるといいですね!

No title

〔ルークねえさん〕

いつもコメントありがとうございます。
シエルもラールも数値が高いままなので、
ここ数日、気持ちが落ち込んでおりました(^^ゞ

>どうやら「痛みの記憶」で「触らないで」と言ってるそうです^^;
先生も同じ事をおっしゃっていました。
それにしてもあのルシエの顔は一生忘れることはできませんi-238

処方食と低脂肪フード、消化酵素のお薬でこのまま膵臓の機能が
落ち着いてくれると祈るばかりです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。